教育 音楽

小中学校における音楽の授業とは

小中学校で音楽の授業は必須科目です。
この科目の内容は大きく3つに分類することができます。
それは、歌唱・器楽・鑑賞です。
1つずつ振り返ってみましょう。
まず歌唱は、教科書に載っているその学年の発達に合った曲を教師が教えます。
教科書に載っていない曲でも、必要に応じて歌う場合があります。
例えば、校歌や応援歌、合唱コンクールの課題曲などです。
他にも教師が教えたい歌を題材にすることもあるでしょう。
基本的には文部科学省指定教材の曲を授業に取り入れていきますが、枠に当てはまらないところが音楽の授業の面白いところです。
次に器楽です。
鍵盤ハーモニカやリコーダーなどを演奏して、自分1人やみんなで演奏することの楽しさを味わいます。
学校行事などで大きな合奏をする場合は、太鼓などの打楽器を演奏することもあります。
最後に鑑賞です。
クラシック音楽などを聴き、感じたことを言って書くなど言葉にして表現します。
何度も同じ曲を聴くことで新たな発見をする喜びを味わいます。
教育の場で形にとらわれない、教師のセンスを生かした授業ができるところがこの科目の面白い所だと思います。

大阪の音楽の総合レッスン所

短い練習時間で済ませられるコースもあります
2回練習のコースもあるので、できるだけ短期間で試験のための練習を済ませたい方におすすめです。

サンプルイメージ1

音楽の教育については

近年動画共有サイトでは音楽を見たり聴いたりする機会が持て同時に外国の動画も見られるようになって来てい

サンプルイメージ2

音楽教育で使われる楽器

近年動画共有サイトでは音楽を見たり聴いたりする機会が持て同時に外国の動画も見られるようになって来てい

音楽が教育にもたらす影響

私たちの生活にも深く関わっているという音楽。
それは、子供の教育にどんな影響を与えるのでしょう

教育では音楽がとても重要になります

教育をする時には勉強がとにかく大切であると考えてしまいがちです。
確かに頭を使って何かを学ぶと

Copyright© 教育 音楽 All Rights Reserved.